おなら対策の基本は食事から?

おならが出やすくなってしまう食べ物として、芋類や豆類、肉類などがあります。これらの食べ物を食べすぎないようにする事も大切です。

 

また、おならの回数を減らしたり、臭いを目立たなくしてくれるような食べ物を普段食べるようにすることで、おなら対策をしていくことも可能です。

 

おなら対策をしたいのであれば、多くの食物繊維が含まれている食べ物を食べるようにするといいでしょう。
例えば、ゴボウというのは、食物繊維がたくさん含まれているため、便秘を改善しやすく、体の中の毒素や老廃物なども排出しやすくなっています。

 

この他にも、レンコンやニンジンなども食べるようにしたいところです。また、整腸作用が期待できる香辛料や味噌などを調理時に使うようにしていくというのもいいでしょう。

 

また、ヨーグルトは腸内環境を整えやすい商材となっています。ですから、調理時にヨーグルトを活用するというのもいいでしょう。トマトやキュウリなどをサラダにして、ヨーグルトをドレッシングにして食べてみてはいかがでしょうか?

 

このように食物繊維とヨーグルトを同時に摂取することで、腸内を整えることも可能です。キャベツも食物繊維が豊富なのですが、キャベツはおならが出やすい食べ物とされています。ですから、サラダなどにして食べる際にはキャベツの量は減らすようにしたほうがいいでしょう。

膝、関節に効くツボはどこ?

 

ツボの中には膝痛に良いとされているツボもいくつかあります。ツボの中で、湧泉、足三里、内膝目は膝痛に有効であるとされています。また、膝を含む関節痛の軽減にはサプリも効果的です。参考:関節痛サプリメント

 

一つ目として、膝の皿部分の内側、そして少し下に移動にした部分にくぼみが存在しています。このくぼみ部分が内膝目となっています。

 

ひざの内側周りの膝痛を緩和させてくれるツボとされているだけではなく、腰痛に対しても有効だとされています。

 

そして、膝の外側から少しだけ下に移動をした箇所にあるツボが足千里となっています。内膝目とは反対に膝の外側部分の膝痛を緩和する効果が期待できます。

 

そして、湧泉というツボは、足の裏の中央部分よりも少し足の指方向に移動をした部分にあります。湧泉を押さえるときには、ゴルフボールや指などで、少し力を入れて刺激を与えるようにするといいでしょう。

 

膝全体の痛みに対して効果が期待できるツボになっていますから、膝痛に悩んでいる方は特に湧泉に刺激を与えるようにしたほうがいでしょう。

 

なお、かなり膝痛があるのであれば、自分でツボを刺激するよりも千九院でつぼマッサージをしてもらうようにしたほうが効果を期待することができるのではないかと思います。

血糖値を下げる4つの方法を公開

血糖値の急上昇は、太りやすいという危険性が潜んでいます。短い期間で多量に糖が入ってくると、インスリンという血糖値を下げるホルモンの処理が追いつかず、処理できなかった糖をインスリンは脂肪として蓄えてしまうのです。

 

また血糖値は急に上がってしまうと、その後急激に下がる傾向があるので、このような血糖値の乱高下は食後のだるさや眠気に繋がってしまいます。勉強中や朝の目覚まし代わりに、甘い物を口にする人もいるかと思いますが、食べている時や食べた直後は効果を感じても、その後に血糖値の乱高下による眠気や、集中力の低下を招く事になり逆効果になってしまうのです。このような状態にならないためにはどのような方法があるでしょうか。

 

 

食事の前に吸収速度の遅い豆乳や牛乳を飲むことで、食事の吸収速度も緩やかになり、血糖値の急激な上昇を避けることができます。ポイントは飲む量で、200ml程度にしておく事です。飲みすぎてしまうと豆乳や牛乳にも糖分は含まれているので、逆効果となってしまいます。

 

お酢に含まれている酢酸やクエン酸は、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。ですから食事に大さじ1程度の酢をかけてから食べたり、食事などの味が変わるのが嫌だという人は、最近は良く見かけるようになった飲料用の酢を食前に飲むと同様の効果を得る事ができます。また、血糖値を下げるサプリメントを飲むのも効果的でしょう。参考:http://xn--18j3f4e2crdwc2cwd3638aonebu3m2v2a.net/

 

ビタミンB1は血液が糖であふれてしまう状態を防いでくれます。ビタミンは種類によっては過剰に摂取すると体に負担を掛けてしまうものもありますが、ビタミンB1は特にそのようなことは無いので心配いりません。

 

ご飯やめん、イモ類に含まれているでんぷんが加熱後、冷やされる事でレジスタントスターチという成分になります。別名「難消化性でんぷん」といいますが、上記のような工程ででんぷんが変化し、吸収されにくいでんぷんになっているということです。

 

このレジスタントスターチは血糖値の上昇を抑えてくれる他、食物繊維のような働きもするのでとても便利なものです。ただし1度冷ましたものでも、温め直してしまったら元の消化されやすいでんぷんに戻ってしまうので覚えておきましょう。このように色々な事を工夫して取り入れることで、糖尿病の危険を回避する事ができるのです。

更新情報・お知らせ

(2015/10/07)
酵素ダイエット中の空腹解消法を更新しました
(2015/10/07)
エッセンシア酵素ドリンクを更新しました
(2015/08/03)
女性の疲労回復にすっぽん小町を更新しました
(2015/08/03)
育毛にアロエが良いという話を更新しました
(2015/08/03)
狭心症とはなにかを更新しました